コイデカメラの暑中見舞い・残暑見舞い、豆知識も解説

暑中見舞い・残暑見舞いとは?

「暑中見舞い」「残暑見舞い」とは、一年で最も暑い季節に普段なかなか会えない方やお世話になった方の健康を気遣い、壮健に過ごしてほしいとの願いを届ける挨拶状です。また、同時に自分の無事や近況を相手に知らせるものでもあります。

暑中見舞いの起源

その昔、一年は「正月」と「盆」から始まる二期と考えられており、その期の始まりである「盆」に日ごろお世話になっている方々や親元に贈答品を持ち挨拶回りを行っていました。郵便制度の発達により、この贈答の習慣が簡素化され挨拶状を送る習慣が広まっていきました。

コイデカメラの暑中・残暑見舞いのデザイン(一例)

暑中・残暑見舞いの豆知識

暑中見舞い・残暑見舞いはいつだすの?

「暑中見舞い」は小暑(7月7日頃)から、立秋の前日(8月6日頃)にかけて送るのが一般的です。
また、実際の気候に合わせ梅雨明けを待って出される方も多くおられます。
「残暑見舞い」は立秋(8月7日頃)から、処暑の候(9月7日頃)までとなりますが、8月末までには相手に届くように送りましょう。

「かもめーる」は廃止されますか?

日本郵政は2020年をもって暑中見舞い用のくじ付きはがき「かもめーる」を廃止すると発表されました。
代わりに夏らしいイラストが入った絵入りはがきが発行されます。

「暑中見舞い」の返事は送った方が良いですか?

「暑中見舞い」の返事を送らないのは失礼なことになりますので、いただいた場合は送るようにしましょう。特に、目上の方からいただいた場合には、必ず返事を送りましょう。
また、送る際は相手に届く時期により「暑中見舞い」なのか「残暑見舞い」なのか、確認をしましょう。

喪中の方に「暑中見舞い」を送っても良いの?

喪中に年賀状を控えることは知られていますが、「暑中見舞い」はお世話になった方や親しい方への季節の挨拶状であるため、送っても構わないという考え方が一般的です。ただし、不幸があって間もない場合は忌中(四十九日)を避け、文面やはがきの絵柄などに配慮するなど、相手の気持ちを気遣うことが必要です。

ご注文はこちら

証明写真・写真プリントはコイデカメラ
タイトルとURLをコピーしました